徹底調査!105コンポじゃなくてもいい理由【TIAGRA/SORA】 ー2台目のロードバイク購入計画ー

656761E9-BDF4-490D-B710-D49AEBD646FD

意気揚々と2台目のロードバイク購入向けて進めていたものの、とある事件をきっかけに一気にトーンダウンしてしまっている。いや、正確にいうとロードバイクはぜひとも買い換えたい。その気持ちに変わりはない。

105のロードバイクである必要があるのか??

問題はそこまで高価なロードバイクにする必要があるかと考え始めてしまったことだ。これまでの私は2台目のロードバイクは脱初心者を図るべく、コンポーネントにはSHIMANO 105を搭載しているという点を絶対条件としていた。価格帯にしてだいたい15万円〜20万円といったところだ(アルミフレームの場合)。

  • 脱初心者を果たすなら105以上であるべき
  • 105以上ならばレースにも出場することができる

どこのサイトを見てもこのような主旨の記事が多く、すっかり私も洗脳されてしまっていた。2台目は105以上であるべきだと。が、スペシャライズドのアルミロードの価格帯が上がってしまたとをきっかけにこの洗脳は解けてしまったようだ。レースに出場する気は一切なく、街乗りしかしない私にとって105コンポは身の丈にあってないんじゃないかって。

本当に105じゃなくてもいい理由まとめ

そこでだ、もう一度立ち返って見て本当に105じゃなくてはいけないのか?105じゃなくてもいいんじゃないか?ってことを調べてみることにした。といってもロードバイク関連のブログをフラットな心境でを読んでしまうと、最終的には「105であるべき」と先入観が勝ってしまうような気がするし、もしかしたら同じような疑問で迷っている方がいるかもしれないので、ここはひとつ105じゃなくていい理由を敢えてまとめてみようと思う。105にすべき理由をまとめているサイトはたくさんあるが、この逆の切り口は我ながらなかなか斬新じゃないかと。

Google先生で「ロードバイク選び」「コンポーネント」「105」などのそれっぽいキーワードで検索した上位の結果に加えて、日々ロードバイクネタを収集している中で該当しそうな記事の中からも抜粋してまとめてみた。

昔から言われてるのがシマノは105以上がレース向け

このブログ記事のまとめ↓
  • 昔から言われてるのがシマノは105以上がレース向け
  • エントリーモデルはティアグラ、ソラが使われているケースがほとんど
  • 金銭的に余裕があるなら105以上が良い
  • あとからレースに出るようになり「105にしとけば良かった…」と後悔する
  • 予算的に余裕があるなら105、厳しいならティアグラ、ソラの完成車

こちらのブログでは105とそれ未満のコンポーネントとの差というか、違いについてまとめられていた。そしてやっぱり105以上を選んでおくのが間違いないということらしい。いや、それはわかってるんですけどね…。とりあえず105以上がレース向けであり、レースに出るつもりなら105未満は選択肢にないということはわかった。

TIAGRA:目隠しされたら多分105と変わらないかもしれない

このブログ記事のまとめ↓
  • TIAGRA:目隠しされたら多分105と変わらないかもしれない
  • 多くのグレードがある中で初心者におすすめするコンポーネントは105
  • TIAGRAは一部のパーツだけを上位グレードに交換することは基本的にできない

こちらの記事ではTIAGRAについて書かれている。言うまでもなく105の一つ下のグレードのコンポーネントである。上記にもある通り「目隠ししたら105との違いがわからない」とのこと。つまりは性能での差はそれほどないってことか。それでも後々のことを考えると互換性に長けている105を選んでおくことを推奨している。とはいえ性能面での違いについて言及している点は参考になった。

コンポがなんであれ、愛車はカッコ良く感じるもの

このブログ記事のまとめ↓
  • 街乗りや通勤に使う用途であれば、105やそれ以上のグレードを選ぶ必要はない
  • コンポのグレードの違いを実感するのは、長時間・長距離を走るorレースの時
  • TIAGRAやSORAだからレースに出れないとか、長く走れないという事は全くない
  • ロードバイクを買ってみて、105やULTEGRA、が欲しくなってしまうかも
  • そんな理由から「105なら間違いない。」という意見に繋がったのでは?
  • コンポを高額にするだけで走りが大幅に変わるという事もない
  • コンポがなんであれ、愛車はカッコ良く感じるもの

そしてこの辺から105未満をレコメンドしている記事になってくる。なんと街乗りなら105不要とはっきり言い切っているし、レースに出れなくもないとすら言ってくれている。なんともまあ勇気を与えてくださる筆者様だ。中でも「コンポの差を実感するのは長距離走った時」と言うのが印象深い。私の最高走行距離は50km/日程度だ。そのくらいだったら105は必要ないのかも。最後のコンポは何であれ愛車はかっこよく感じるっていうのはもはや名言ですね。

見た目も上位に近づけてあるのでそこまでダサくない

このブログ記事のまとめ↓
  • シマノ製であれば下位グレードでも動作は安定している。
  • 安いから動作ガタガタ、すぐ壊れるっていう印象はない。
  • ギアの数が多いとスピードにギアを合わせられるから楽に走ることができる
  • 趣味乗りなら自転車の性能に合った乗り方もできるから上位グレードの必要はなし
  • 見た目も上位に近づけてあるのでそこまでダサくない(SORA)

こちらも105未満肯定派。105の2つ下のグレードであるSORAについて言及している。具体的にギアの数の少なさだったり、それが走りにどういう影響を与えるかがよくわかる。確かに私が今乗っている格安ロードはギアの数も少なく「ちょうどいい」と感じる重さで走れない時も頻繁だ。そんな時はケイデンスが必要以上に多くなったり少なくなったりで疲労を感じやすい。今のClarisは8速だが、SORAで9速、TIAGRAで10速であり、どれと比べても当然増えることにはなる。1速増えるとどれくらい走りが変わるかがポイントかな。

メンテナンスをしていれば、TIAGRA・soraでも2万kmは問題なく走れる

このブログ記事のまとめ↓
  • ロードレースに出る場合は、105から上のグレードを選んでいくことが重要
  • 普段使いならsoraでも十分な性能である
  • soraと105の一番の違いは、リア変速で105は11段、soraは9速
  • 長く乗るなら上位グレードが。年間走行距離が少なければTIAGRA・soraでもOK。
  • メンテナンスをしていれば、TIAGRA・soraでも2万kmは問題なく走れる。

最後も105未満であるSORAを後押ししている記事だ。こちらは走行距離について具体的な数字で書かれている。年間で少なければ105未満でも問題なしとのこと。トータルで2万kmは走れるとも言っている。私は週に1回30kmほどを走っている。トータル2万kmから逆算すると・・・13年くらいは走れるという計算になる。13年も経てばさすがにお金も溜まっているだろうし、その頃には105どころかULTEGRAやDURA-ACEですら手が届くくらいになっているはずだ。

まとめ:105じゃなくてもいい気がしてきた!

ということで105にこだわらなくても、TIAGRAやSORAのロードバイクでもいいような気がしてきた!まあ、105未満を肯定している記事と内容をピックアップしているのでその気になるのも必然のような気もするが、105である必要はなく逆に私のような街乗りユーザーはTIAGRAやSORAで十分であるように思えてきた。先入観を排除してできるだけ客観的にまとめてみると、、、↓こんな感じかな。

  • レースに出るつもりはないから105未満で良い
  • 街乗りしかしないからTIAGRAやSORAで十分
  • 超長距離を走らなければ違いはそれほど感じない
  • Clarisに比べると変速数も増えるからきっと楽になる
  • SORAでも2万km走れるから13年くらいは乗ることができる
  • カッコよく感じるものを愛車にした方がよい

さすがGoogle検索上位に入るブログ・記事たちなので、すごくわかりやすかったし、おかげさまでうまく自分自身の考えをまとめることができた。それでも今回のテーマのひとつは脱初心者であるので、105に未練を感じているのもまた事実だ。そことどう折り合いをつけるのか、あるいはやっぱり105にこだわるのかは今回の結果を踏まえてもう少し検討を重ねることにする。でもこんな風に調べてたら少し購入意欲が戻ってきたよ。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。