いいものは長く使える!時間が経っても使えてるアイテム[ガジェット編]

以前、ロードバイク編としてやった企画「時間が経っても使えてるアイテム」の今回はガジェット編。ブログ開設時から購入してきたガジェット関連で長く使える「優良アイテム」をご紹介していく。

いいモノは長く使えるがそうではない短命のアイテムもある

ブログで紹介する時って購入して間もない時が多い。少し使ってみてそれを忘れないうちにレビューしているからだ。新し目の使用感がない画像の方が載せても不快感が少ないんじゃないかっていうのも理由の1つである。が、使用し続けているうちに「微妙だな」と気持ちが変化するアイテムもあるということ。わかりやすく言うと「ちょっと使う」にはいい商品だけど、「長く使う」と使い勝手が悪いようなアイテムということだ。

すごくいい!っていうアイテムはdeuterのバックバックしかり、CW-Xジェネレーターモデルしかりと繰り返してレビューしているものの、その逆である「短命に終わったアイテム」については実はあまり触れてきておらず、私自身はそれがわかっていて「あーこんなのあったなあ、今は使ってないけど」なんて思うこともあるのだが、それは読者の皆様には伝わっていないはずだ。私と同じような過ちを犯して欲しくはないので、ここで敢えて「短命に終わったアイテム」をご紹介してみることにした。

↑こちらは「ロードバイク編」の時に書いた企画趣旨。ここにもある通り、ブログでのレビューって購入当初であることが多くて、そのアイテムのその後までお届けすることって少なかったりする。ということでブログ開設当時から今日までにレビューしてきたアイテムを振り返ってみるというのがこの企画の趣旨だ。だから、今回は「良いアテム」を紹介し、次回は後編として「残念アイテム」を紹介してみることにする。それでは行ってみよう!

時間が経っても使えてるアイテム[ガジェット編]

SanDisk USBメモリー 32GB Ultra Fit

MacBook Airを購入した時に一緒に買ったのがこれ。USBメモリなんだけど、常時挿しておいて、MacBook Airの容量を補完することを目的としている。これについてはもう当たり前のように使っている。というかもはや「外付けのUSBメモリ」という意識もなくMacBook Airの一部と考えてしまっているくらいだ。256GBのSSDに加えて32GBを使えるのは非常に大きい。アプリケーションなど主要なファイルはSSDに入れているが、ブログ用のファイルなどかさばるモノをものUSBメモリに入れるようにしている。デメリットはUSB端子が一つ使えなくなることかな。

MacBook Airの容量を簡単に増やす!SanDisk USBメモリー 32GB Ultra Fitレビュー

2016.02.20

TaoTronics Bluetooth4.0 トランスミッター 送信機

TVを見る時のイヤフォンをBluetooth化したくて購入したのがこれ。3,000円程度の中華製の製品だったものの、なんと2年近くも使用できてしまっている。しかもほぼ毎日使っているのにだ。確かに操作方法はわかりにくいし、時々エラーが出て使えなくなったりするのだが、翌日には何事もなかったかのように復活してここまで使えている。なんというタフネスさだろうか。私的にはもう有線イヤフォンに戻ることはできず、故障したら同じ製品を購入するだろなと。と、調べて見たら製造終了とのこと…。でも後継機が出ているようなので安心かな。

自宅のTVをBluetooth化する!TaoTronics Bluetooth4.0 トランスミッター 送信機レビュー

2016.10.10

ハイブリッドトリマー:フィリップス マルチグルーミングキット

続いてはブログ開設初期の頃に買ってレビューした製品だ。なんともう3年くらい使っているということになる。旅行中に先代のヒゲトリマーが故障して慌てて購入したものだが、こいつがかなり重宝している。ハイブリッドとうたうように様々な使い方が可能になっているのだ。

  • 毎週ひげを短くする(3mm)
  • 月に一回髪の毛を刈る(1mm)
  • 鼻毛を短くする(専用アタッチメント)
  • 息子の襟足を刈り上げる(3mm)

なんとこれだけの用途を一台で果たしてくれているのだ。さらに防水機能を設けてお風呂での使用ができるのも嬉しい。15,000円とヒゲトリマーにしてはそれなりの価格だったものの、使用頻度と期間を考えたら決してコストパフォマンスは悪くはないと言える。

ヒゲにも髪の毛にも!ハイブリッドトリマー「フィリップス マルチグルーミング キット 」

2015.08.22

3つのアップル製品[iPad pro/AirPods/AppleWatch]

そしてやっぱり最強なのはアップル製品だね。iPhoneとMacBook Airは使用頻度が高すぎるから今回の選考からは外したが、それでもアップル製品が3つも入ってきた。それだけ安定していて機能的にも素晴らしいが故だろう。

iPad Pro

Apple Pencilと連携して仕事で毎日手帳代わりとして使っているし、自宅に帰っても動画視聴を中心として使用頻度は高い。2018年はじめにPlayStation4とNasneを購入したのだが、このNasneとの相性がすこぶる良い。テレビ番組はLIVE・録画かかわらずにiPadで見るようになったくらいだ。周辺機器との組み合わせで日々使い勝手が向上している。

初代iPad vs iPad Pro 10.5!徹底比較で見えた恐るべき進化!!

2017.10.20

Air Pods

Apple製の無線イヤフォン。もともとランニング用メインで購入したが、iPadでTVを見るようになってから使用頻度は激増した。やっぱりApple製品間での連携はスムーズで接続等でストレスを感じることが少ない。だから長らく使えるし、手元がApple製品だらけになるんだろう。

イヤフォンは有線じゃなくてもよかった!Appleの完全無線イヤフォンAirPods最高!

2017.12.05

AppleWatch

AppleWatchもランニング目的で購入した。購入前から使っていた時計もかなりのお気に入りだったから、当初は交互に使うか、両手にはめて両方使うようにしていたが、いつのまにかその座はAppleWatchが独占している。ここでもやっぱりiPhoneとの連携で使い勝手が向上している。着信やメールを見逃さないのは非常に大きい。

いろいろと誤解があるようだから言っておく!絶対に後悔しないAppleWatchの買い方

2017.02.15

 

まとめ:Apple製品はやっぱりいい!だから高い!

こうしてみるとやっぱり見て取れるのがApple製品の強さかな。Apple製はどれも競合のものよりもやや割高な印象ではあるけれどもその分品質が安定していいるし、手放せなくなるくらいの機能性でもある。だから購入時には「高い」と感じてもこうやって長期間、ヘビーに使うことによってそのコストパフォーマンスはどんどん上がっていくことになるのだ。

さらにこれだけ信頼性を高めれば「Appleなら大丈夫でしょ?」と購入時に二の足を踏んだり、失敗して後悔することもない。フィリップスのひげトリマーを含めて「良いものは高い!でも長く使える!」というのが今回の結論である。そういう意味ではTaoTronics のトランスミッターはがんばってるなあ。こういうことがあるから「高い=良い」とはわかってても安めの製品に賭けてみたくもなるんですよね…。

 

スポンサーリンク

 

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。