MacBook AirからMacBook Pro に買い替えてわかったMBPの意外な魅力とは??

整備済製品として購入したMacBook Airの2015モデル。まだまだ全然使えるものの、最近は動画の編集に興味が出てきて、それだとスペック的に少し貧弱なので嫁さんに譲渡することに。で、MacBook Pro 2018への買い替えを決意した。

MacBookPro 2018は速い!そして小さい!

MacBookPro2017モデル

MacBook Airよりも小さいMacBookPro

実は過去にMacBookProを使っていたことがある。InterMacが出始めた2006年頃のモデルだ。この頃のMacBookProというと、(当時としては)スペックは高いもののデカくて、何より重たいという代物だった。リュックに入れて持ち運ぶことも多かったのだが、少し歩くと肩が痛くなるなんてこともザラだった。一応はノートパソコンの括りではあったものの、あまり持ち運びに適した端末とは言い難かった。

そこに来てのMacBook Airである。スティーブ・ジョブズがこのマシンを封筒から取り出してプレゼンしたというのは有名なシーンであるが、それだけ薄くて軽量だというアピールだった。時を経て2019年、なんとMacBookProの2018モデルは小ささではそのMacBook Airさえも凌駕する。同じ13インチではあるが、余計なベゼルがなくなっているためその大きさはかなり違う印象。MacBook Air時代よりもデスク周りが広くなったし、持ち運びも楽になった。

動きがサクサクでストレスが大幅に軽減!

実は今回の買い替えのきっかけだったのがMacBook Airの動作がだいぶもっさりしてきてしまったということ。1日起動させたままにしておくとレインボーアイコンが出続けて再起動をしないと使い物にならないという状態になっていた。OSの再インストールとかをすれば改善もされたのかもしれないが、先に述べたとおり、動画編集に興味が出てきたタイミングと重なって今回買い換えを決めた。

で、新MacBookProの操作感はというと、、、うん、快調!まあ使い始めで余計なファイルが溜まってないということもあるけれども、MacBook Air末期のあのもっさりさからは完全に開放された。使い続けたことももっさりの理由だと思うけど、アプリケーションとかコンテンツも年々高スペックを求めるようになってる気がするんですよね。だから古い端末だと厳しくなるんじゃないかって。

ということで今回はメモリは積める最大の16GBを選択した。やっぱりメモリが大きいということは正義だと思うし。今後、動画を触るなどした時にどうなるのかは引き続き要検証かな。

意外すぎるMacBookPro 2018の最大の魅力とは??

しかしながらワタシ的にはMacBookPro 2018の最大の魅力は大きさやサクサクさではないと思っている。それはTouch Barでもない(そもそもTouch Bar付きを選んでないし)。その魅力はある意味意外なところなのかなと。その魅力とは、、、ズバリ!キーボードの打ちやすさ、だ。最初にタイピングをした時に正直衝撃が走った。なんだこの打ちやすさはと。文字が次から次へと高速タイピングができてしまう。明らかにMacBook Airにも純正外付けキーボードにもなかった感触である。

MacBookPro2017モデル

よそのブログ等を見るとストロークが以前よりも浅くなっているとのこと。それに加えておそらくは安定した打刻感が出るように細くチューニングしてあるのだろう。特筆すべきは「速く打てる」ということだけではなく「タイプミスも減った」ということ。最近はこのブログ以外にも執筆する機会が多いのでこのキーボードによって「速く」「正確に」を実現することができるので作業時間を軽減することができそうだ。ワタシ的にはこのキーボードの打ちやすさがMacBookPro 2018モデルの最大のメリットだと思ってる(今のところ)。

今ならMac間のデータ移行にもあまり時間はかからない

そして最後に。移行アシスタントのスムーズさにも驚いた。MacBook Air 2014の時はえらく時間がかかった印象だったのだが。データ・アプリの移行に1〜2日かかるかなと予測していたが、MacBook Proが届いて数時間後には全端末からの移行が完了し、新端末で変わらぬ環境で作業をすることができていた。しかもWi-Fi経由でこのスピードって…。とにかく驚いた。

MacBookProのすごいところ

  • 同じ13インチなのにMacBook Airよりもかなり小さい
  • メモリが16GBあるから動きがサクサクでストレス軽減
  • キーボードが打ちやすくて速くて正確なタイピングが可能に
  • 旧端末からの移行作業が数時間で完了しちゃう

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。