2016年は肉離れからのスタート? ―ハーフマラソン完走のためのトレーニング 8日目―

ハーフマラソンを完走するためのトレーニングの8日目。今日もiPhoneアプリ「Runtastic」を使って計測しながらトレーニングを実行した。

7km

 

スポンサーリンク

 

 

今日のトレーニングメニュー:7km LSD(LongSlowDistance)

LSD(LongSlowDistance)とは
長い距離をゆっくり走る練習のこと。一定のスローペースを保って長時間走ることで有酸素運動の能力をアップさせることを目的としている。1分あたり7-8分と会話が出来るほどのゆっくりとしたスピードで長時間走るようにする。

距離的には7kmなのでMSD(MidleSlowDistance)、もしくはSSD(ShortSlowDistance)かな。後述の腿裏の負傷によりペースを落とさざるを得なかった。まだ若干の痛みを抱えている中での恐る恐るのランだったためである。だから今日はペースと距離は度外視して、いかに足に負担をかけずに定めた距離を走りきるかをテーマとして臨んだ。

いざ走りだしてみると、、、やっぱり痛みは残っていた。負傷してから今日までの間、徐々に痛みは引いてきており、走れるようになったという実感があったため決行したわけだが、1〜2日早かったかもしれない。これまでのランの中で最も神経質に走ったかもしれない。少しでもおかしな痛みがあれば即刻やめようと思っていたが、幸い走り始めた時以上の痛みになることなく、なんとか7kmを走りきった。

6:30min/kmと極端に遅いペースだったので、今日はトレーニングとは言えず、正月でたるんだ体をほぐすために走った、くらいの感じが正しいかもしれない。それでも気持ち的には正月気分の三が日からスタートできたのは幸先が良い。今年も良いジョギングライフが送れそうだ。

 

今日の結果

  • 走った距離
    7.12km
  • タイム
    00:46:10
  • ラップ
    1.0 km 06:43 min/km – –
    2.0 km 06:33 min/km – 5 m
    3.0 km 06:28 min/km – 0 m
    4.0 km 06:26 min/km 5 m –
    5.0 km 06:13 min/km 3 m 5 m
    6.0 km 06:21 min/km – 1 m
    7.0 km 06:22 min/km 7 m 1 m
    7.12 km 08:16 min/km – –

 

肉離れ?腿裏に原因不明の痛み

年末最後のランを走った後にピキッと突然腿裏の痛みに襲われた。以降、歩いても痛みが生じたし、指で押してもけっこうな痛みがあった。突然のピキッとした痛みだったことと、経験値的に肉離れに近いような気がしたが、それであればもっと激しく痛んだのではないかと。痛みは感じたものの、歩けいないことはなかったし、日常生活にはほとんど支障はなかった。

が、怖かったので痛みが引くまでは走ることはやめておいた。幸い日が経つにつれて少しずつだが痛みはひいいていたので。初日・2日目くらいは正月明けに医者に行かなければいけないかと思ったくらいなのでこれは良かった。今日も大きなピキッが来ないように神経を使ってできるだけ足に負担をかけずに走ったつもりである。幸い走りきることはできたが、明日以降どうなるかがやや心配。歩くときにもピキッが来ないように注意することにしよう。

それにしても新年早々の目標設定で、「健康に走り切ること」を掲げたにも関わらず、早くも暗雲が立ち込めている。正月早々あまり良い傾向ではないので、怪我をしたのは2015年末であると無理やり考えることにして、2016年はこの先怪我をしないように気をつけることにする。とりあえず今夜はシップをして寝るようにしよう。

 

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。