脱初心者!15万円前後で買える105ベースのロードバイク

5589

2017年の3月からスタートしたロードバイク購入計画シリーズ。脱初心者のための105ベースのロードバイクを15万円前後の予算で探している。まだまだ調査は続いているものの、調査済みの車種も増えてきたのでまとめの記事を作っておくことにした。

脱初心者のためのロードバイクに求める条件とは? ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.03.03

15万円前後で買えるコンポ105ベースのロードバイク

重量なんと7.9kg!GIANT TCR SLR 2

GIANTというと圧倒的なコストパフォーマンスからエントリー向けとして推されることの多いメーカーだ。この私も、とある方より「iWant?なにそれ知らない?GIANT買っとけよ」と頼んでもいないのに推薦された事がある。そんなGIANTからは脱エントリーモデルであるGIANT TCR SLR 2を対象とした。予算¥150,000程度とコンポ105のモデルという点が選定したポイントだ。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:18点
  2. 価格が15万円以下であること:8点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:20点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:20点
  5. その他のオプション査定:5点
  6. 合計点:71点

重量なんと7.9kg!GIANT TCR SLR 2 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.03.30

名は体を表すのか?!!SCOTT SPEEDSTER 10

GIANT TCR SLR 2と同様に予算¥150,000程度で、かつコンポ105相当のモデルを選択した。今後もこれが車種選びの基準となっていくだろう。でないと公平な比較ができないし。というわけでSCOTTからは105搭載の15万円付近のロードバイク「SPEEDSTER 10」を選定してた。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:12点
  2. 価格が15万円以下であること:9点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:20点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:10点
  5. その他のオプション査定:11点
  6. 合計点:62点

名は体を表すのか?!!SCOTT SPEEDSTER 10 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.04.13

アルミロードの神 Cannondale CAAD12 105

個人的には本格的なロードバイクを街で見かけた時に、遭遇する確率が最も高いのがCannondaleのような気がしている。それだけローディの皆様に愛されているメーカーということなんだろう。そして調べてみるとアルミロードバイクの評価が高いらしい。アルミ=Cannondaleってくらいみたいだ。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:18点
  2. 価格が15万円以下であること:2点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:20点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:19点
  5. その他のオプション査定:11点
  6. 合計点:70点

アルミロードの神 Cannondale CAAD12 105 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.06.01

エアロロード?! SPECIALIZED Allez DSW SL Sprint Comp

はっきり言って大本命だ。ロードバイクに乗り始めてすぐにSPECIALIZEDというメーカーを知り、そのロゴと車体の美しさに衝撃を受けた。以来、次にロードバイクを購入するのであればSPECIALIZEDがいいなーってなんとなく考えるようになった。ただそれは、スペック的なことなんかは一切知らない中でのジャケ買いに近い感覚だった。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:17点
  2. 価格が15万円以下であること:10点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:20点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:12点
  5. その他のオプション査定:18点
  6. 合計点:77点

エアロロード?! SPECIALIZED Allez DSW SL Sprint Comp ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.06.22

美しきジオスブルー!GIOS FELLEO 105

GISOといえば何と言ってもクロスバイクのMISTRALが有名であり、街中のいたるところでそのジオスブルーを目にする機会が多い。そうだ、GIOSの最大にして最強の魅力はこの「GIOS BLUE」だろう。イタリアのナショナルカラーを配したそのBLUEはそれだけで見る人を釘付けにする。街でMISTRALが目立つのもこのGIOS BLUEの美しさが理由のひとつだろう。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:12点
  2. 価格が15万円以下であること:6点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:0点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:19点
  5. その他のオプション査定:15点
  6. 合計点:52点

美しきジオスブルー!GIOS FELLEO 105 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.08.03

国産の雄!khodaa bloom FARNA 700-105

続いてり上げるのはkhodaa bloom FARNA 700-105のだ。いつもと同じくコンポーネントが105ベースのアルミロードバイクである。ただ、ここまでに登場してきたGIANT、Cannondale、SPECIALIZEDなどと比べるとkhodaa bloomの知名度はやや低いって感じなのかな?なぜその知名度の低いメーカーを選択したのか。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:14点
  2. 価格が15万円以下であること:9点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:20点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:19点
  5. その他のオプション査定:5点
  6. 合計点:65点

国産の雄!khodaa bloom FARNA 700-105 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.09.07

圧倒的に安いけど… CanyonENDURACE AL 7.0

そしてドイツの総合自転車メーカーであるCanyon[キャニオン]のロードバイク。実はCanyonについては以前から注目していて、このブログでも過去に取り上げたことがある。埼玉サイクルエキスポでかなりの大盛況っぷりを見せていて興味を持って調べたのがきっかけだ。<続きを読む>

  1. 重量が10kg以下であること:16.5点
  2. 価格が15万円以下であること:11点
  3. ワイヤーがフレームの中を通っている:10点
  4. コンポーネントがSHIMANO 105以上:18点
  5. その他のオプション査定:7点
  6. 合計点:62.5点

圧倒的に安いけど… CanyonENDURACE AL 7.0 ー2台目のロードバイク購入計画ー

2017.10.18

と今のところはここまで。果たしてどのロードバイクを購入するのか。そして脱初心者を実現することはできるのだろうか。引き続きロードバイクの購入計画は続いていく。今後も調査したロードバイクはこのページに追加していく予定。

 

スポンサーリンク

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。