最初は良かったのに…時間が経つと使えなくなった残念アイテム[ガジェット編]

こちらの記事でこのブログ開設当初からレビューした「長く使えている良いガジェット」を振り返ってみた。そして今回はその後編として、逆に「長く使えなかった残念アイテム」をまとめてみることにする。

いいものは長く使える!時間が経っても使えてるアイテム[ガジェット編]

2018.11.13

いいモノは長く使えるがそうではない短命のアイテムもある

ブログで紹介した時は「良い!」と感じていたけれど、その後使っていくうちに「イマイチかな」って思い直したようなものもあるってことだ。つまりは「ちょっと使う」にはいい商品だけど、「長く使う」と使い勝手が悪いようなアイテムということ。

↑こちらがロードバイク編の時に書いたこの企画の主旨でである。要はレビュー時には「悪くない」と感じていても、その後使っていくうちに使い勝手の悪さを感じて、いつの間にか使わなくなることも頻繁だということ。そこまではブログではレポートしないので、この機会にそんな「残念なアイテム」を紹介しようと思ったのだ。

時間が経ったら使えなくなった残念アイテム[ガジェット編]

JVC・ビクター Bluetooth カナル型イヤホン HA-ETR80BT-R

世界的なブランドである「JVC・ビクター」のランニング用Bluetoothイヤフォンだ。そのネームバリューを見込んで少し高めの価格にも関わらず購入してみたのだが、今はもうほとんど使っていない。というのも「ランニング用」をうたうにしては走っている時のストレスが半端なかったというのがある。完全無線ではないため、左右のイヤフォンをつなぐケーブルがあるのだが、これが首にまとわり付いてかなりのストレスだった。夏場は汗で肌にくっついちゃうし。でもこのイヤフォンが期待ハズレだったから完全無線のAirPodsに踏み切れたわけなので、まあ結果オーライかな。

1つで4役!でJVC・ビクター Bluetooth カナル型イヤホン HA-ETR80BT-R レビュー

Mac用USB接続 テレビチューナー StationTV PIX-DT195

TV番組視聴の性能としては決して悪くはない。録画はできるし、チャンネル選択時の受信速度もスピーディーだ。画質もHD画質できれいに再生される。だから当初は非常に重宝していた。が、NasneとiPadを購入して以来使用頻度は激減してしまった。Nasne(Torne)+iPadであれば無線状態でTVを視聴することができる。ダイニングテーブル上でもリビングでも寝室でも場所を選ぶことはない。だが、PIX-DT195はUSB接続の有線状態であるので、PIX-DT195を設置した寝室でしか視聴することができないのだ。当初は画質と速度を優先するために許容した有線問題だったが、競合する無線のNasne(Torne)+iPadの出現によってその頻度は激減してしまった。というかここ半年くらいは使ってない…。

快適すぎるぞ!Mac用USB接続 テレビチューナー StationTV PIX-DT195をレビュー

2015.12.26

Androidタブレットとaibow 3in1 ディスクスタイラスペン

iPadを購入する前はAndroidタブレットで手帳化に挑戦していた。リリース当初ならいざしらず、最近であればAndroidの性能も向上して、iOSと同等のパフォーマンスが実現されてるんじゃないかって。それなのに比較的低価格で帰るならAndroidの方がお得じゃん!と。が、そんな期待は大きく裏切られてしまった。Androidの廉価タブレットでは手帳化を実現できなかった。中でもストレスだったのは手書き機能だ。今ではApple Pencilによって素晴らしい書き心地を得ているが、Android時代はサードパーティ製のスタイラスペンを使用していてこれが使い物にならなかった。どちら要因かは不明だが、文字が途中で途切れて書くことができない状況。到底使い続けるのは無理で、iPad購入後にHARD OFFへと旅立った。

タブレット手帳化の強い味方!aibow 3in1 ディスクスタイラスペンレビュー

2016.11.15

MacBook Airスキンシール

最後はMacBook Airを保護するためのスキンシールだ。あまりレビューの追記をしない私が追って使い勝手を書き込んだという珍しい製品だ。それだけ使い勝手というか、これの場合は「耐久性」に問題があった。ケースの嵩張り感が気になったからシールであればそれを解消した上で傷からMacBook Airを保護してくれるかと思い購入した。が、2週間ほどでシールは剥がれてしまった。特に粗暴に扱ったわけではなく、バッグへの出し入れだけで剥がれてしまったのだ。当然それでは使い物にならなかったのですぐに剥がしてもとのケースに戻した。

MacBook Airのデザインを損ねずに傷から守るスキンシールをレビュー!

 

まとめ:大切なのは耐久性と使いやすさ

レビュー時に決して嘘をついているわけではなく、長く使えているアイテムと同じように最初に使ってみての印象というのはこれらも決して悪くはないのだ。効果・目的を果たしていると思っているし、その時は長く使えるだろう、と感じているのもまた事実なのである。ただ、使っていくうちにヘタってきてしまったり、すぐに故障してしまったりするとそこで萎えてしまうし、買い直す程ではないと思ってしまう。

ロードバイク編でも上記のようにまとめているが、ファーストインプレッションで決して嘘をついているわけではないということをどうかご理解いただきたい。あくまでも第一印象であるので、その後使ってみてのレビューが必要なんでしょうね…。今回振り返ってみてそれがわかったので、できる限りで経過観察的なレビューもやっていこうと思った。

では長く使う上で重要なのは何なのかというと、やっぱり耐久性と使い勝手でしょう。特に使い勝手は重要であり、そういう意味ではAppleの製品やPS4+Nasneっていうのは突き抜けてるうと思う。ただ、Apple以外にも素晴らしい製品があるのも事実ではあるので、今後も引き続き、そういうアイテムが見つけて当ブログでレビューしていきたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

RECOMMEND こちらの記事も人気です。